イベント内容<全3回>

Par1.幼保学生交流会

2016.10.30 17:00~20:00

学生交流会

保育園に就職して、自分のやりたい保育と違い「保育観が合わない...」そんな思いをする先輩の保育士が非常に多いのをご存知ですか?この交流会では、10月30日(水)に参加学生同士で顔合わせをし、『自分がやりたい保育』について考えるワークショップを行います。学生のうちに自分たちの理想の保育を考えて、その保育観を考えて就職をすべくこのワークショップを行います。また、本イベントの説明も行います。

Part2.発表会

2016.12.21(予定)

発表会

12月の下旬にめぐみ保育園にて発表会を行います。発表の種類は手遊び、絵本、パネルシアターなど自由!!「子どもがちゃんと聞いてくれるか」「子どもは楽しんでくれるか」「子どもは発表を聞いて何を得るのか?」などを真剣に考え、自分たちが思う『子どもにとって最高の発表会』を実際に保育園に行き、子どもの前で発表会をしましょう!

Part3.意見交換会

2016.1.10(予定)

意見交換会

最後の集まりでは、保育会で有名なある豪華ゲストをお呼びして、みんなが行った発表をみてもらい、感想をいただきます。また、発表会を通して気づいた「子どもにとって最高の発表会」がどんなものか参加者同士でシェアしあいまいます。

主催

Hajime Watanabe

2012年:東京理科大学に入学

2014年:国家試験にて保育士資格取得

2015年:2箇所の保育園で1年間アルバイト

2016年:現在は保育士が働く環境の改善に取り組む

実績

団体の趣旨

-自己紹介をお願いします-

はじめまして、今回「学生が保育を考える会-StudentNusery-」を立ち上げ、イベントを主催します渡部 初です。 私は現在、大学4年生です。2014年に保育士の国家試験にて保育士資格を取得し、1年間保育園や児童館、学童で働いていました。

-「学生が保育を考える会」を立ち上げたのはなぜですか?-

私は楽しみにして本当に保育園で働くのを楽しみにしていました。しかし、実際に現場で働いて見たものは、先輩の保育士と保育観が会わずにやめていく若手保育士でした。 現在、保育学生の就活の多くは学校からオススメ、推薦された園、研修で行った園、母園など縁あって繋がった保育園かつ通いやすい保育園という要素で決めています。 そして入った保育園で保育感が会わず、初めてどんな保育園で働こうか考えます。 私は、そんな現状を解決すべく、学生のうちに、いろんな保育園と繋がり、自分のやりたい保育を見つけ、その上で保育士を目指す学生によりよい保育園選択をして欲しいと思っています。
そしてそんな学生がいろんな保育を見る機会を提供したいと思い、この団体を立ち上げました。

-この団体では何を行いますか?-

この団体では学生が考えたイベントを実際に保育園で行います。保育園にとっては手をかけずに子どもに楽しいイベントを提供することができ、学生にとっては自分たちで考えたイベントを行うことができる、そしていろんな保育を見ることができます。
今回の企画はその第一弾!テーマは「学生が考える最高の発表会」です。 ぜひ、保育に関心のある学生は、まずはPrat1.に参加して保育に関心のある学生と交流してみましょう!

-その他渡部 初のインタビュー記事-

『保育士からエンジニアへ!将来の可能性を大きく広げた現役大学生の開発する学童×ITのサービスとは』

『保育士が幸せに働ける環境を。22歳男子学生が日本一の保育園づくりに挑戦』

会場

新宿賢者屋

会場:〒160-0023東京都新宿区西新宿7丁目2−65階

賢者屋についてはこちら

特典

全3回全て参加した方には

特典1.スタバ1,000円カードプレゼント!

特典2.マル秘豪華ゲストと交流できる!

特典3.参加費無料 & Part1.のみの参加もOK!

お気軽にご連絡くださいませ

inserted by FC2 system